2008年06月01日

肥満は自分を管理できない人

肥満は自分を管理できない人とみられる肥満王国アメリカ!

メタボリックシンドロームは、1人の人で一群の代謝危険因子によって特徴づけられます。
それらは以下に・・・

腹部の肥満(腹部の内外の過度の脂肪組織)脂肪血症(血脂肪障害 ? 高いトリグリセリド、
低HDLコレステロール(善玉9と高いLDLコレステロール(悪玉)? 動脈壁でそのあたりの増強)、
インシュリンにかかった血圧インシュリン抵抗

ブドウ糖狭量(体は、インシュリンまたは血糖をきちんと構成できません)
例えば高いフィブリノゲンまたは血のプラスミノゲン活性剤抑制剤
例えば血の中の高いC反応性蛋白、ピープルは、動脈壁(脳卒中と末梢血管疾患)と
タイプ2糖尿病で飾り額増強に関連した冠状動脈性心臓病と他の病気で危険が高いです。
メタボリックシンドロームは、アメリカ合衆国でも、ますます普及するとみられました。
5000万人以上のアメリカ人がメタボリッシンドローム症候群と見こまれます。

このメタボリッシンドローム症候群の優位な根本危険因子は、
腹部の肥満とインシュリン抵抗であるように見えます。
インシュリン抵抗は全身性代謝性障害です。
そこにおいて、体は能率的にインシュリンを使うことができません。
そういうわけで、メタボリックシンドロームはインシュリン抵抗症候群とも呼ばれています。

メタボリックシンドロームBLOOD-COM
メタボリックシンドローム症候群 
メタボリックと成人病 
血液サラサラコム

posted by HIMANDAIOH at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98826006

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。